完成済みの戸建リノベーション住宅を見学

file0001356080488

以前からリノベーションについての情報をもらっていた業者さんの建てたリノベーション住宅(戸建)が完成したということで、初めて完成物件の見学に行ってきましたhouse.gif

現地集合ということで物件の場所を教えてもらい、近くについてから担当のIさんの携帯電話に連絡して無事完成物件のある場所に到着しました!

初めてIさんにはお会いしましたが、思っていた通り物腰の低いやさしそうなおじさんでした。やっぱりこういったインターネットの時代になったとしても文章やメールのやり取りで人柄というのは分かるものなんですねconfident.gif

スポンサードリンク

うちの子供たち二人も連れていきましたが、一見新築と見間違えるほどきれいな家におおはしゃぎ。家に入るなり階段を駆け上がり、誰よりも先に2階の部屋にあったロフトまでいってました(笑)

そして、かくれんぼが始まりました。ドアをバンバン閉める音に、私は『す・すいません』と平謝り。完全に我が家と勘違いしていますsweat01.gifでもこういう姿をみると早く子供たちと一戸建てに住みたくなってしまいますよね。

リノベーションで可能になる格安健康住宅

一通り見学してからIさんに構造や施工方法などを聞きました。こちらの会社はリノベーション健康住宅を目指していて壁には珪藻土を1棟まるごとつかっているそうなんです。やり方は吹き付けだそうです。そして、その上からクロスを貼っています。

なぜそんな面倒なことをしているかというと、この家のお施主さんは子供が小さくて壁に落書きをされても張り替えがすぐにできるように・・・とクロスを選択されたそうです。クロスは珪藻土を通す特殊なものらしいです。

そして、床は無垢材を使用しているそうです。表面がつるつるしていたので聞くまで分からなかったのですが、無垢材には二通りあるそうです。表面をコーティングした無垢材と、木そのものの温かみを残した無垢材と。

それぞれ長所と短所があって、表面がつるつるしている無垢材は汚れてもふき取ればきれいになるのに対して、そうでないほうはやはり汚れやすい&キズがつきやすいそうです。(削れば元通りにきれいになりますが)

これはやっぱり好みの問題ですね~!木そのものの温かみを残すか、機能性をとるか。以前おじゃました友達のお家はコーティングしていない無垢の木を使っていて、その上を歩くととっても暖かくて感動した思い出があります。う~ん悩みます~typhoon.gif

ちなみにこの家はお施主さんのお父様が以前住んでいた戸建を譲り受けて、娘さん夫妻がリノベーションしてこれから住むそうです。梁や柱などももちろん再利用しています。

そして、一番聞きたかったお値段は?というと

施工面積28坪程度で1200万円

なんだそうです。この価格に含まれるのは

◎部屋を増築
◎柱や梁以外をすべてリノベーション
◎セルロースファイバーの断熱
◎無垢材の床
◎珪藻土の壁
◎間取りの変更・ロフトつき
◎住宅設備はすべて新品

などです。外見、中身ともに新築とほぼ変わりません。
この内容を新築住宅で実現しようとすると2000万円はかかるそうです。
リノベーションだからこそ可能になる格安価格なんだそうです。

なんか、ちょっとあきらめかけていたマイホームの夢が膨らんできました。
古屋付の家を1200万円くらいで買ってリノベーションを1000万円くらいかけてやると
2200万円くらいの新築とほぼ変わらない健康住宅が手に入るかもしれないshine.gif

わが家のマイホーム探しは古屋付中古住宅、築浅の中古住宅にしぼっていくことになったのでした。

SPONSORED LINK

「リノベーション 」にある記事一覧

難航するリノベーション物件探し
中古住宅のリノベーション戸建を見てからというもの、すっかり気分は中古住...

格安で中古住宅を再生できるリノベーション
リノベーション(スケルトンリフォーム)は中古住宅を大型改修・再生するこ...

リノベーション住宅とは
『リノベーション』という言葉を知ったのはちょうど3年ほど前のことです。...

リノベーションが格安でできる理由
中古戸建住宅のリノベーションの情報をインターネットで探しているうちに『...


このページの先頭へ