リノベーションが格安でできる理由

file000527413496

中古戸建住宅のリノベーションの情報をインターネットで探しているうちに『リノベーションは新築よりも500万円以上安く建てられて、しかも健康住宅で省エネ、高断熱で過ごしやすい住宅ができる』という会社に出会いました。

早速その会社のホームページから会員登録をして、リノベーションに関する資料を送ってもらうことにしましたnote.gif

その資料を読み進めていったところ、まず、コストダウンできる理由としては、リノベーション住宅ということで中古住宅の柱や梁など使えるものは再利用していること。

そしてこちらの会社は住宅設備(キッチンやトイレ、ユニットバスなどと思います)を業者価格で提供されていると書かれています。

もちろんリノベーションしやすい中古住宅を手に入れる事が第一条件にはなってくると思いますが、これなら憧れの健康住宅が予算内で手に入るかもしれない

スポンサードリンク

それからこの会社についてネットでいろいろ調べてみました。
が、特に悪い噂もなければ良い噂もない(笑)あまり大々的に広告はしていないようですね。たぶんかなり小さい会社だと思われます。

社長さんが自ら営業・設計・現場監督などをしているようで、他の従業員は大工さんと事務員さんみたいです。自分たちの理想の住宅を提供するために、このスタイルが気に入った人だけを受け入れるといった感じでしょうか。

そしてここにも建築費用をコストダウンできる理由が隠されているようですflair.gif

まず、いわゆるハウスメーカーのように売主と施工会社が違うという・・・ということがないので、中間マージンが発生しないこと。そして余計な広告費やモデルルームなどの管理費がかかっていないこと。

こちらの記事を読んでみてください。非常に面白いことが書いてあります。大手ハウスメーカーMISAWAの創立者・三澤千代治氏が200年住宅をコンセプトとした会社HABITAと立ち上げたというニュースです。(三澤千代治、200年住宅への新たな挑戦

こちらの記事を読み進めていくと

大手メーカーが建てる住宅の価格は1坪あたり60万円台〜70万円台です。・・・・2000万円ぐらいの家の場合、柱や梁などの構造体にかかるコストは150万から200万円・・・・・60万円〜70万円台の家というのは原価が50%、一般管理費が50%・・・

という驚くべき数字が掲載されていますwobbly.gif元社長の言葉ですから本当ですよね。大手メーカーは信用もあるけど、広告費やモデルルームなどの管理費に膨大なコストをかけているということです。

大手メーカーを選ぶか工務店を選ぶか、建築士(注文住宅)を選ぶかは人それぞれ価値観が違うと思いますので意見することはないです。

ただ、『納得して購入できるか?』『人として信頼できるか?』がやっぱり購入する時の最大のポイントになってくるのだと思います。

今のところこのリノベーション会社については納得できる所が多く、一度この会社が建てたリノベーション住宅を見てみたいと思いましたshine.gif

SPONSORED LINK

「リノベーション 」にある記事一覧

難航するリノベーション物件探し
中古住宅のリノベーション戸建を見てからというもの、すっかり気分は中古住...

格安で中古住宅を再生できるリノベーション
リノベーション(スケルトンリフォーム)は中古住宅を大型改修・再生するこ...

リノベーション住宅とは
『リノベーション』という言葉を知ったのはちょうど3年ほど前のことです。...

完成済みの戸建リノベーション住宅を見学
以前からリノベーションについての情報をもらっていた業者さんの建てたリノ...


このページの先頭へ