不動産物件の取引形態

file000478137373

物件の取引形態にもいろいろある

まずは、物件探しを始める前に不動産の取引形態を知っておきましょうconfident.gif
中古住宅や土地などの物件を探しているときに良く目にする【仲介】や【媒介】の文字。
ご存知でしょうか?物件の取引形態にもいろいろあるんです。

スポンサードリンク

仲介・媒介

【仲介】や【媒介】と書かれている場合は売主が仲介業者を通して不動産物件を売りに出しているパターンです。

売主が仲介不動産業者Aに売ってほしいとお願いした場合の例です。
売主 → 仲介不動産業者A ⇔ 仲介不動産業者B ← 購入者希望者

購入希望者はどこかの仲介不動産業者を通してこの物件を買う事になります。
売主が不動産会社Aに売りたいと頼んだ場合、購入希望者は不動産会社Aを通して買うことも出来るし、不動産会社Bを通して買う事もできます。

上記の例で契約が成立した場合、売主は仲介不動産業者Aに手数料を支払い、購入者は仲介不動産業者Bに手数料を支払う事となります。

仲介(専属・専任・代理)

仲介不動産業者を通して物件を購入するパターンでも、売主が指定した不動産会社からしか購入できないパターンがあります。これは売主が不動産会社と専属・専任・代理契約などをしている場合です。この場合、売主と購入希望者の間に同じ不動産会社が入るため、やり取り(交渉)がスムーズに進みやすいです。

売主 → 仲介不動産会社A【専任・専属・代理】 ← 購入希望者

契約が成立した場合、売主と購入希望者はそれぞれ、仲介不動産会社Aに手数料を支払うこととなります。

売主

広告・チラシなどには【売主】と書かれています。物件の所有者が直接広告しているパターンです。

中古物件で売主が直接広告を出して販売している場合は少ないですが、古屋付などの土地なら売主が直接販売している場合があります。この場合、売主は不動産・建築系の会社が多いです。

売主 ⇔ 購入者

仲介業者を挟みませんので、仲介手数料は不要です。
このパターンで買う事が出来れば非常にラッキーですよねheart01.gif

私もそう思って【仲介・媒介】と載っていても、自分で売主を探していた時もあります(笑)
売主の探し方については物件の仲介手数料を安くするワザを参考にしてください!
※ただし、この方法は時間と暇がある人に有効ですcatface.gif

SPONSORED LINK

「中古住宅購入ブログ 」にある記事一覧

中古住宅の内覧をしてきました①
急遽内覧することを決めた中古物件ですが、早速次の日の日曜日に仲介会社さ...

格安で購入できる競売物件とは
今回私たちが購入した中古住宅は、競売物件を建築会社が落札し内装や設備を...

物件の仲介手数料を安くするワザ
不動産会社に中古物件や土地などを探してもらって購入すると発生する仲介手...

中古住宅を初めて内覧してみることに
先日築5年の中古住宅(中古一戸建て)を見に行ってきました。今までにいく...

フラット35Sの書類を書き終わって・・・
中古住宅の購入に向けてフラット35Sの本審査に必要な書類を一通り書き終...

具体的な資金計画と値引き交渉
中古住宅の購入を検討し始めてから、フラット35の住宅ローン審査もようや...

中古住宅の物件探しに便利なサイトリスト
実際に私が中古住宅の物件探しに使っていたサイトリストを書いておきたいと...

中古住宅の値引き交渉開始
先日内覧を終えた中古物件ですが、家族で話合い購入の方向で話を進めること...

とうとう売買契約を結びました
風が強くてとても寒い日でしたマイホームを本格的に探しはじめて約3年、と...

中古住宅の内覧②売主は誰?
中古住宅の内覧で一通りの仕様や設備などを見せてもらって、担当者のIさん...


このページの先頭へ