格安で購入できる競売物件とは

file0001989840211

今回私たちが購入した中古住宅は、競売物件を建築会社が落札し内装や設備をキレイにしてくれた住宅なのですが、競売物件とはどのようなものなのでしょうか?

競売物件とは

競売とは住宅の所有者がなんだかの理由で住宅ローンの支払いができなくなったときに、銀行が裁判所に頼んで物件を差し押さえ、市場に売りに出し、貸付資金を回収するという制度の事です。

裁判所により売りに出された物件の事を「競売物件」と呼びます。
競売物件は不動産競売物件情報により公開されていて、裁判所が決めた価格よりも高い価格で入札し、一番高い値を付けた人が買う事ができます。

ほとんどの競売物件が市場の中古住宅よりもかなり格安で購入することが出来るのが特徴です。

スポンサードリンク

競売物件の問題点

市場よりも格安で購入できるのならば是非購入したいと考える人も多いと思います。
ただ、競売物件はその分問題点も多いです。

支払いは住宅ローンが使えないことが多い

競売物件の場合、一般の人に住宅ローンとして銀行が購入金額を融資してくれる確率はほとんどないようです。また、競売物件の場合入札する際に物件価格の20%を保証金として現金で用意する必要があります。

また、最高価格で物件を落札できた場合(買受人になった場合)、納付期限までに残金が用意できなかった場合は保障金が返還されませんので注意が必要です。

居住者の立ち退き問題

裁判所で競売物件の引き渡しが決まっても、中にはその住宅に居座るという人もいるといいます。
お金がなく、引越ししたくても立ち退きできない場合などもあり、その場合は引越し代として別にお金を渡す事もあるようです。

内覧が事前にできない場合がある

競売物件の入札をする前に該当物件の内覧を申し込んでも、居住者が拒否する場合もあり、なかなか難しいようです。

設備などの問題があったとしても、売主に修繕を求める事はもちろんできず、購入する際には覚悟して入札する必要がありそうです。

中古物件は競売に出される前の任意売却も格安で購入できる

競売物件は市場価格よりも格安で購入できる事が多いですが、問題点がたくさんあり一般人には手が出しにくいのも事実です。

では、格安で中古住宅を購入する方法は競売以外にないのでしょうか?

実は格安物件を購入する方法は競売物件以外に「任意売却」という方法があります。
任意売却物件は競売にかけられる前の物件のことです。

普通に売られていますので、他の中古物件と同じように取引できます。
(不動産の物件情報などには任意売却や任意など書かれている事が多いです。)

すぐに売りたい場合が多いので、売主が値引き交渉にはほとんど応じない場合がおおく、始めから格安で値段が設定されている事があります。

SPONSORED LINK

「中古住宅購入ブログ 」にある記事一覧

中古住宅の値引きはどれくらい?
内覧も終えた私たちですが、中古住宅の値引き交渉って可能なのかな~?ネッ...

中古住宅を初めて内覧してみることに
先日築5年の中古住宅(中古一戸建て)を見に行ってきました。今までにいく...

中古住宅の内覧②売主は誰?
中古住宅の内覧で一通りの仕様や設備などを見せてもらって、担当者のIさん...

具体的な資金計画と値引き交渉
中古住宅の購入を検討し始めてから、フラット35の住宅ローン審査もようや...

フラット35Sの書類を書き終わって・・・
中古住宅の購入に向けてフラット35Sの本審査に必要な書類を一通り書き終...

中古住宅の値下げ交渉の結果
いくらだったら買いたいという買付証明書を仲介業者に提出してから3日後、...

引越しする時に必要な手続きリスト
引越しが決まるとやる事が本当に多すぎて大変ですよね?実際に私が引越しす...

内覧を終えて次なるポイントは?
内覧を終えて思いがけず元競売物件というちょっと特殊な中古住宅に出会った...

とうとう売買契約を結びました
風が強くてとても寒い日でしたマイホームを本格的に探しはじめて約3年、と...

中古住宅の物件探しに便利なサイトリスト
実際に私が中古住宅の物件探しに使っていたサイトリストを書いておきたいと...


このページの先頭へ