具体的な資金計画と値引き交渉

file000149306890

中古住宅の購入を検討し始めてから、フラット35の住宅ローン審査もようやく通り(減額ですが・・・)今日はいくらまでなら頭金を出せるのか、値引きはどれくらいが希望なのかなど具体的な資金計画の話を仲介業者さんとすることになり事務所へやってきましたdollar.gif

スポンサードリンク

軽く挨拶を済ませて、早速資金の話になりました。担当のIさんが考えていたプランをもとに、りそな銀行のフラット35SのBタイプからAタイプへの切り替えをした場合の月々の住宅ローン支払い額のシュミレーションです。

どんどん話が進みそうだったので待ったをかけて、こちらのプランというか、出せる資金の話を先にしました。

担当のIさんはりそな銀行のフラット35SのタイプをBタイプからAタイプに変更し、約40万円を捻出し、足りない部分は自己資金から・・・と思っていたようですが、

実は年末に車を買ったのです。

はい・・・sweat02.gif

まさか、減額されるとは・・・・sweat02.gif

もちろん現金購入ではありますが・・・・sweat02.gif

年末に車を買ったため手元に残しておきたいお金(引越し代や固定資産税代など)を引いて、住宅購入の諸費用には220万円しか使えない。

仮にタイプ変更の40万円を頭金に入れても110万円は売主さんに値引いてもらわないと買えない旨を担当のIさんに率直に話しました。

え゛・え゛・・・sign02.gif

マジですか~impact.gif

という話になると思いきや、Iさんは冷静で「そうなんですか~」という感じ。

あれれ・・・・?

100万ダウンは全然OKsign02.gif

みたいです(笑)

そのため、いくらに値下げしてもらえれば買いますという申込書には当初の売値よりも110万円ダウンのの2140万円で申込しました。

2100万円の住宅ローンは決定しているので、これを基に担当者さんが火災保険の補償額の若干の減額や、事務手数料など再計算してくれました。

その結果、たとえ売主さんがきりの良い所で100万円ダウンの値引きならOKと言われても92000円くらいなら出ますとのこと。

足りない8000円は仲介業者さんの方でサービスしてもらえることになりました。

ちょっと100万円の値引きは難しいですね~という厳しい話になると思いきや、終始和やかな、ゆるやかな感じで、担当者さんは今後の金消契約や引き渡しの話までしてくれて・・・

今回は思わぬ住宅ローンの減額のため、値引き交渉する余地もないと思っていたのですが、正直「もう少し値引きできたよね」というのが帰りの私たち夫婦の会話でしたcoldsweats01.gif

でも、あまり値引きにこだわって売ってくれなくなるのが一番困るので、納得はしています。

後は売主さん次第です。

多分2・3日後。

買えるかどうかの結果が分かることになりましたrock.gif

SPONSORED LINK

「中古住宅購入ブログ 」にある記事一覧

中古住宅を初めて内覧してみることに
先日築5年の中古住宅(中古一戸建て)を見に行ってきました。今までにいく...

とうとう売買契約を結びました
風が強くてとても寒い日でしたマイホームを本格的に探しはじめて約3年、と...

引越しする時に必要な手続きリスト
引越しが決まるとやる事が本当に多すぎて大変ですよね?実際に私が引越しす...

フラット35Sの書類を書き終わって・・・
中古住宅の購入に向けてフラット35Sの本審査に必要な書類を一通り書き終...

中古住宅の物件探しに便利なサイトリスト
実際に私が中古住宅の物件探しに使っていたサイトリストを書いておきたいと...

中古住宅の値引き交渉開始
先日内覧を終えた中古物件ですが、家族で話合い購入の方向で話を進めること...

中古住宅の内覧②売主は誰?
中古住宅の内覧で一通りの仕様や設備などを見せてもらって、担当者のIさん...

不動産物件の取引形態
物件の取引形態にもいろいろある まずは、物件探しを始める前に不動産の取...

断捨離しています。
中古住宅の引き渡しも無事終わり、引越しの準備作業に追われています。とり...

中古住宅の内覧をしてきました①
急遽内覧することを決めた中古物件ですが、早速次の日の日曜日に仲介会社さ...


このページの先頭へ