中古住宅の内覧をしてきました①

P1010065

急遽内覧することを決めた中古物件ですが、早速次の日の日曜日に仲介会社さんに電話をして内覧させてもらうことにしました。

スポンサードリンク

仲介業者さんもいそがしい時期で当日の内覧希望ということだったので、お昼の12時からしか空いていませんでした。というか無理やり空けてもらった感じで・・・・(たぶん担当者さんのご飯の時間だったんだよね。すいませんsweat02.gif

電話で待ち合わせ場所を決めて、車でその場所まで向かいました。

担当の方(Iさん)と会った第一印象はフレッシュでやさしそう!年齢は20代後半から30代前半ってところかな。

実際物件をみているときもIさんは物腰も低いし、よく話も聞いてくれて、かつ自分の言いたいこともアピールできる。なかなかの営業マンという感じでしたrock.gif

待ち合わせ場所から内覧予定の中古住宅物件はすごく近かったです。大通りからひとつ中に入ったところで5年前に開発された建売住宅だということですhouse.gif

周りには10件くらいのよく似た感じの建売住宅が並んでいました。接道している道路は割と広くて5メートルだそうです。この中古物件の前の道は丁度Y字の様になっているので車庫入れがしやすいということでした。

家の周りの説明が軽く終わってからいよいよ中に入らせてもらいました!

居住者の方はいなくてハウスクリーニング済みというだけあってとってもキレイshine.gifやっぱりこういうのって第一印象が肝心ですよね!床には多少の傷があるものの、クロスも全室貼り替えてあるので新築とほとんど変わりません。

1階にはお風呂(1坪)と洗面所、トイレ、6畳和室、6畳洋室がありました。2階にはキッチン、リビング、ダイニングとトイレ。3階には6畳洋室、5畳洋室があります。

見て良かったと思ったのはやっぱり3階のバルコニーですね。5畳近くあるので日当たり(南、西)も確保できていて洗濯物や布団干しの心配はなさそうですsun.gifバルコニーからはお隣の広いお庭がみえます。

この物件は接道しているのは北東側のみなので3方が建物に囲まれてると思っていたのですが、西側にある家のお庭がとても広くかったので(家1個分くらい)感覚としては角地です。そのため窓を開けていた部屋には風がぬけて、通風は良好です。

やっぱりこういうのって実際みてみないと分かりませんよね。面倒でもこまめに足を運ぶことが良い家にであうことにつながるんですね。内覧したいって初めに言っていた長女に感謝しなきゃhappy01.gif

私が担当者のIさんからいろいろ説明を受けている間に、旦那さんは使われている住宅設備や屋根、サッシ、外壁などをチェックしていたようです。建築系の仕事をしているので具体的にどのような物が使われているのかIさんに聞いていました。

私はまったく分かりません。初めて頼もしいと思ったかも(爆)

旦那さんも担当者の方も言っていたことですが、「建売にしてはなかなか良いものを使っている」ということでした。

この建物を施工した会社はもうつぶれてないそうですが(不況を感じてしまった)、仕様書や設計図なども残っていました。

SPONSORED LINK

「中古住宅購入ブログ 」にある記事一覧

内覧を終えて次なるポイントは?
内覧を終えて思いがけず元競売物件というちょっと特殊な中古住宅に出会った...

中古住宅を初めて内覧してみることに
先日築5年の中古住宅(中古一戸建て)を見に行ってきました。今までにいく...

格安で購入できる競売物件とは
今回私たちが購入した中古住宅は、競売物件を建築会社が落札し内装や設備を...

中古住宅の物件探しに便利なサイトリスト
実際に私が中古住宅の物件探しに使っていたサイトリストを書いておきたいと...

断捨離しています。
中古住宅の引き渡しも無事終わり、引越しの準備作業に追われています。とり...

中古住宅の内覧②売主は誰?
中古住宅の内覧で一通りの仕様や設備などを見せてもらって、担当者のIさん...

不動産物件の取引形態
物件の取引形態にもいろいろある まずは、物件探しを始める前に不動産の取...

とうとう売買契約を結びました
風が強くてとても寒い日でしたマイホームを本格的に探しはじめて約3年、と...

引越しする時に必要な手続きリスト
引越しが決まるとやる事が本当に多すぎて大変ですよね?実際に私が引越しす...

物件の仲介手数料を安くするワザ
不動産会社に中古物件や土地などを探してもらって購入すると発生する仲介手...


このページの先頭へ