自営業者の住宅ローンといえばフラット35 ?

自営業者の住宅ローンといえばやっぱりフラット35なのではないでしょうか。固定金利ということで安心感もありますし、何と言っても一定の年収条件をクリアしていると、住宅ローン審査が通りやすいといいます。はたして本当なのでしょうか?その他に金利が安くてお得な住宅ローンはないのでしょうか?
ここでは自営業者にオススメの住宅ローンについてご紹介します。

フラット35Sの審査に必要な書類

先日内覧した中古住宅の仲介業者さんから、「フラット35の審査を通すかどうか考えておいて下さい。」と言われ審査をすることに決めた私たちですが、担当者さんの電話を待つこと1週間。ようやく電話がかかってきました!

フラット35Sの本審査に申込みしました

現在検討している中古住宅の購入に向けて動き出した私たちは、自営業者の強い味方?の住宅ローン「フラット35S」の本審査を申し込むため、大手仲介業者さんの事務所まで足を運びました。

納税証明書をとりにいく

フラット35の申込書の記入も終わり、後は必要書類を揃える必要があります。 住宅ローン・フラット35Sの本審査の申込の為に自営業者の人は納税証明書(その1・その2)と住民税の納税証明書が必要だということで、朝から書類を取得・・・

フラット35Sの審査状況

住宅ローン・フラット35Sの書類を揃えて銀行に申込をしてから18日が過ぎたころに、仲介担当者のIさんから年末の挨拶もかねて住宅ローンの審査状況について報告がありました。

フラット35Sの審査結果が分かりました

年末年始も終わりお正月を6日過ぎた1月6日に、待ちに待ったフラット35Sの住宅ローンの審査結果が分かりました第一報は仲介担当者さんからではなく、住宅ローンを申し込んだ窓口のりそな銀行さんの郵便からでした

銀行との金消契約(住宅ローン契約)

金消契約とは正式には金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)といいます。先日行った契約は売主との「買います」という契約だったのですが、今回の金消契約は銀行との住宅ローン契約です。 フラット35の金額変更が完・・・

住宅ローンの融資実行と引き渡し

フラット35Sで住宅ローン審査が通り、今日ようやくその住宅ローン融資が実行されることとなりました。本当に長かった~ 住宅ローンの実行とは銀行で契約したお金が実際に自分の口座に振り込まれることで、その中から売主さんへの代金・・・

スポンサーリンク

このページの先頭へ